フットサルクラブINTRO.メンバーによる交換日記式ブログ。
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
タンケンヘキ
2010-05-23 Sun
はなのいろは うつりにけりな いたづらに~、なべーにょです。

休日なのに雨でやることがないので、ブログでも書いておきます



男の子は多かれ少なかれ「探検」って好きですよね?


行ったことのない知らない場所。

どうなっているんだろうと

わくわく、どきどき、はらはら







小さい頃のタンケンヘキ


自転車が大好きでした~。

行ったことのない場所へ進んでみては、

お気に入りの徘徊コースができては。


自転車、いいですよね~。

暑さ寒さや、空気の匂いを感じながら。

(自転車に乗ることはめっきりとなくなりましたが・・・

 趣味で高そうな自転車乗ってる大人の方、東京ではけっこう見かけますよね。

 きっと楽しいんだろうな~






東京でのタンケンヘキ


自転車が原付に変わりはしましたが・・・


地図も持たず、適当に看板(標識)を見つつ

行きたい方へ思うままに進むのです。



お店を回るより、道を走るほうがたのしい






悩みだとか、不安だとか、そういう行き場のないもやもやした思いで

心がいっぱいになってしまったとき。

ただひたすら気の向くままに原付を走らせるというのは

ひとつのストレス発散方法だったのだろうと思うのです。





自転車と同じく、原付って、空気をそのまま直で感じられます。


その場所その場所の匂いとか、

歩いている人の表情とか雰囲気とか。


地元の人になったような錯覚を覚えながら走れる。


好きな場所で止まれるし、折り返せるし。

車だとそうはいかないので、やっぱり原付とか自転車がいいんです。



心の中のもやもやが晴れるまではひたすら思った方向へ走ります。

ちょっと疲れたかなぁとか、これくらいでいっかぁ、

っと思ったところから戻り始めます。



あれ?どっちへ行けば帰れるんだ?

・・・今いる場所がまったく分からなくなった焦燥感と

分かった場所へ出れたときの安堵感が良かったり。





途中でいろいろなおもしろい場所を発見する興奮が良かったり。




お気に入りの道とか、ルートとか、

久々に走って感じる懐かしさや安心感も良かったり。

昔ここを走ったときは、ああいう心境だったなぁと思い出したりします。



行き止まりだったところが工事で開通して新しい道ができていると

あの頃の自分と今の自分を重ね合わせつつ、時の流れを感じたりもして。



そうそう、道路幅拡張のため立ち退きがかかっていた地域があったのに

久々に走ったら、ずーっと更地になっていました。

「道路予定地」の看板が一文字変えられた「道路未定地」っていう落書きが懐かしい。

そこにあったクリーニング屋さんとか、どこへ移ったんでしょう。





ま、そんなわけで、大げさですが、今振り返ってみると、

ふっと自分を取り戻したくなったときとか

リフレッシュしたくなったときとかに探検徘徊していたので、

久々にそれをやると、その頃の自分の心境なども思い出しつつ、

いろいろなことが心に浮かぶわけなのです




ちなみに、けっこう気持ちよくなってくると、

ある歌ない歌、適当に作りながら(?)好き勝手に歌っています。

お風呂で気分がよくなるといつの間にか歌っているのと同じかも。

気付かないところにいた歩行者と目があうと恥ずかしいです




自分の好きなルートやその景色を紹介したいのですが

それだけでひとつのサイトができてしまいそうな量があるので(?)

今回は割愛しまーす

(てゆうか、ほとんど誰も興味ないだろうし











最近のタンケンヘキ




多摩と町田を移動するには、モノレールでつながるという噂もありましたが、

小田急線で新ユリで乗り換えたり、

京王線なら橋本で乗り換えたり、

電車だと「く」の字で遠い道のりを回ってしまうのです。




でも、車道なら、直線で行けます。


鎌倉街道または町田街道。

道は基本この二本しかないのでどちらも混む時間帯は混みます。



隣接している市どうしなのになぜこんなに道が少ないかというと、

基本、山(丘陵)だからです




多摩市も町田市も、駅前は開発されてますが、

多摩市と町田市の境目のエリアは、昔のままの景色が広がっています。

まさに、里山の風景。

地図的にいうと、鎌倉街道と町田街道に挟まれたエリア。



さきほど、自分の好きなドライブルート(?)があると書きましたが

この里山エリアもすごく好きな風景なのです。


で、最近はまっているのは、

通ったことのない道がたくさんまだあって、

見たことのない風景がたくさんあるこの里山エリアの探検。



これまでは原付で通れたけれど、

徒歩じゃないと行けない小道もたくさんあるみたい

・・・そういう場所をハイキング(?)しようじゃないかというのが野望です。






さて。



先日、デジカメを持参でちょっと撮ってきたので

どんな道なのか、紹介します。

マイ原付ルートのひとつを。







(写真は左クリックで大きく表示されます)







まず~  入り口。


「この先道狭し」の警告
しゃしん



さらに標識があります。

写真


道幅2メートルと標識に書いています。

この細いところに突っ込んでいきます(どこが入り口かわかります?)








すると~



昼間でも薄暗い道です・・・ひんやりしてちょっと怖い

「不法投棄禁止」「監視強化中」みたいな張り紙が多数あります。

しゃしん






この道は、ちょっとドキドキというか、ヒヤヒヤします。

心拍数があがり、変な心細さにつつまれ・・・



間違ってもキモダメシ会場にしてはいけません






でも、ちょっと進むと~・・・・


しゃしん

明るいところに出てほっとします

さっきまでの緊迫感から解き放たれる瞬間です。



しゃしん

こんな田んぼの風景に出会うこともできます~






ちなみにこんなに狭い道なので対向車が来たら大変なことになるのですが

今だ誰ともすれ違ったことがありません。



ていうか、この道、一日何人が通行してるんだろう・・・。









っというルートのほかに、別のルートも発見してしまいました。

入り口は、さっきのところの近くです。

しゃしん



写真撮り忘れましたが・・・

一見、そこが道かどうかも分からないような入り口でした




恐る恐る入ってみました。

やっぱり、たしかに道は道でした。


しゃしん


ちょっと進むと・・・・





さっそく分かれ道が!


しゃしん



地図を持たずにぶらつくと、こういう分岐点では緊張します。

どっちに進もう・・・?




直感で、安全そうな左側の道を選びました





すると~


しゃしん


こーんな風景に出会えました

ほっと癒される瞬間

そしてこのなだらかな坂をくだっていくと、知っている道に出ました。








そこで、もう一回あの場所へ戻ってきました。



さっきの、分かれ道。分岐点です。


しゃしん



まっすぐも行ってみないと~~



しゃしん




こーんな道です。

やはりかなりの小道です。






例によって、どこへ出るかわからず、

このまま進んでいってよいものかもわからず。




ココロボソイ・・・・・






とか思っていると

しゃしん

こーんな場所に出てしまいました

この瞬間の快感がすばらしひのです






が、しかし。







ここからまたうっそうと暗い場所へと道が続いて・・・

しゃしん



しだりに下り坂の連続に・・・・

アクセルを使うことはなく、ひたすらブレーキと両足でコントロール。


しゃしん

これ道なんですけど↑



快晴続きだったのに、ぬかるんでいる場所があったり。

かなり下り坂を降りてきたので万が一行き止まりだとしたら

Uターンしてこの道を登って戻れるか一抹の不安もよぎりつつ






だんだん写真を撮ろうという余裕もなくなって

最後に撮った写真がこれです。

しゃしん

ぜひ拡大してみてみてください

この景色を前にして「この奥へ行くの!?」

・・・泣きそうでした。



ちなみに今回紹介したような道って、

グーグルのストリートビューの車が走っていないか、

または、走っていても、途中までで引き返しています








ま、そんなこんなで。


こういう里山の小道が張り巡らされているエリアに

今、ひとつどうしても行きたいところがあるのです。

歴史的にも意味があるような近場(このエリア)の名所です!




多分、原付だと行けないような(環境破壊ちっく)感じっぽいので

徒歩散策というか、歩いていった方が良さそうなのですけれど。





ひとりだと怖いので、ジモティーつながりで、

Sわーら選手か、つよP選手あたりを道連れにしようと思っています


もし他にいっしょに歩きたい人いたらメールください




わがみよにふる ながめせしまに~ by小野小町。
スポンサーサイト
なべーにょ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| WINDY BLUE | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。