フットサルクラブINTRO.メンバーによる交換日記式ブログ。
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
八周年記念イベントにて。
2009-11-03 Tue
じゃすてぃです。

報告が遅くなり申し訳ございません。
去る10/31に、都内某所にて、
FCI八周年記念企画
HELLO
WIN
trick or futsal?

が開催されました


初参加のこ~じ選手、にっすぃ~選手をまじえ
FCI主力選手がこぞって参加。

(もうお一人、タカ選手が参加予定でしたが、
 発熱のため、初参加を次回以降に持ち越しとなりました。)


前半は、基礎練習をして身体をあたため、
後半は、三チームに分かれて、ミニゲームを行ないました。

ミニゲーム・・・

イベントなので、まったりした展開になると思いきや、
普段の練習試合と比べ物にならないほど、激しく、速い。

「あれ・・・うちのチームってこんなだったっけ?
狐につままれたような感覚でした。


カヤ選手。
「マークがずれてる!!」とかずっと声を出してくれました。
今年のニューヒーロー賞かもしれません。頼もしい存在。



が、マークがずれるのは、それもそのはず。

みんな、暗黙にマンツーで守ってるのに、
さとし選手だけ、一人でゾーンディフェンスしてましたから・・・

後ろで見てて面白かった。“一人ゾーンディフェンス”。
ま、そりゃ、ずれます




ま、悠選手は、あいかわらずいやらしいプレーを連発し、
オグ選手はさりげにきれいなボレーをきーぱーに当て、
とよこ選手が、復活ゴールを決めて。

それぞれなりに持ち味を一応出していたのではないかと。



終わったあと、
「やっぱりこういうチーム内のミニゲームは必要っす!
といっていたしゅん選手。

紅白戦のミニゲームで一番目を引いたのは、
しゅん選手の意識の高さというのか。

いつもとは違うプレーを意識的にやっていました。

ドリブルでの勝負。
モンスティー戦でも見られないプレーです。

俺がよく「しゅんは縦に自分で仕掛けられるようになれればもっとすごいよね」
みたいな発破をかけてはいたのですが。


ま、すべて同じフェイントでしたが、
自分で縦に仕掛けていましたよ。
全然、通じてたし。


ミニゲームだと失敗を恐れなくてもいいので
気楽にいろいろなチャレンジができます。

これが、おそらく、ミニゲームをチームでやる意義なんだろうな、と
しゅんの言葉じゃないですが、あらためて思いました。
(まあ対外的な練習試合でも本来はチャレンジがあってもよいはずなんでしょうが)






すみません。長くなりましたが、前置きがここまで。

この日、徳島にわたったレッド選手が、
約五年ぶりにFCIの活動に参加してくれました。

レッドンを知らない新規選手たちには
申し訳ないな~と思いつつ
既存メンバーはレッドンとの再会を素直に喜んでいて。

今回のメインゲストみたいな扱いでしたね



てゆうか、書きたかったのは、ここから・・・

以下、うちあげの飲み屋にて。



俺「レッドン、五年前から全然変わってないよね」



レッドン「え?そうすかー?」



俺「FCIで、誰が一番変わった?」



レッドン「みんな変わってないですけど・・・悠ですかね



俺「ま、たしかに、悠は高校生だったもんね、五年前は」



レッドン「あとは変わってないですけど・・・それと・・・」



俺「それと??」



レッドン「オグさんもけっこう丸くなってます



俺「オグさん、丸くなってるってよ~」



オグ氏「・・・五年間が過ぎたってことを実感してもらうためには、

あえてこれが必要なんです




注:「丸くなっている」は性格云々ではなく、外見的なことです。

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック:0 |
トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | WINDY BLUE |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。