フットサルクラブINTRO.メンバーによる交換日記式ブログ。
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
古道☆浪漫
2010-06-16 Wed
日本勝利の感動が覚めやらぬなべーにょです。


ところでみなさん。

中学高校時代、歴史の授業というのがあったと思います。
当時、俺はああいう暗記が大嫌いだったので、
ただひたすら暗記する歴史という科目が苦痛でたまりませんでした。

最近、年をとったのか、ちょっと歴史にも興味が出てきました。

今の岡田ジャパンをさかのぼれば、オシムジャパンに、ジーコジャパン。
その前にはトルシエジャパン・・・(以下続く)

歴史っていうのは、人がどう生きていたかというのに触れる科目なのではないでしょうか、本来。




建築物だとか仏像だとかの文化史っていうのも、
ほんとはすご~く楽しいお勉強だったんじゃないかと、
オーバー30の今になっては思うんですが。



で、今回のタイトルにもありますが、「道」。

「道」って、教科書には東海道、中仙道・・・そういうのは出てきましたけど
仏像や仏閣や絵画などのように、つくりがどうなっているなどと
歴史の時間に勉強することはあまりなかったと思います。


でも「道」って、人が歩く通路のことなわけで、これぞまさに歴史ではないでしょうか。




今、はまっているもの・・・それは「道」です。道と言うか「古道」。

東京都多摩市と町田市の境にあたる
多摩市南野、町田市小野路・小山田あたりには、古道がたくさん残っています。

仏像やら神社仏閣やらを残すのはメジャーですけど、
道っていうのは歴史の盲点ではないかと思うのです。

古道も文化財。
ぜひ保存していただきたいものです。

Googleの地図にも出てこない(あるいは間違っていたりする)「古道」のロマン。
上杉謙信やら、新田義貞やら・・・
ここを大昔に軍勢が通ったんだなぁなどと思いながら「古道」を歩くのは楽しいす。

これが古道案内板!
古道地図




たとえば・・・

以前にこのブログで紹介した道。
尾根幹線をケーズデンキやら東急の自動車学校のある交差点で
町田寄りに南へ曲がった場所ですが、見つけたさっきの案内板によると、名前がついていました。

『奥州古道』
しゃしん
かつて京都と東北地方(奥州)を結んだ奥州古道の痕跡だそうな。




『武相観音巡礼道』
しゃしん
江戸時代の巡礼の道だそうです。
お地蔵さんやら石仏やらは
巡礼の途中で亡くなった仲間を弔うためのものらしい~。
この道走ったとき、なんかひんやりとして怖かったんだよねぇ・・・。







そして、ここからは、ブログ初公開!

『鎌倉道』(鎌倉街道の脇道だそうです)
鎌倉道脇道
鎌倉道脇道
鎌倉道脇道
一本杉公園に入り口があります。
新撰組の土方さんがここを通って出稽古に行ったんだって。






『大山道』
大山道
大山道
大山道
大山道・・・これはどんな歴史のある道だったけなぁ・・・(^^;
ま、それはさておき、恵泉女子大の裏にある小道を入るのです。

すると六月なだけに、虫が多すぎ~~!!!
大人になったら聞こえないはずのモスキート音の嵐。
虫除けスプレー必須です。

ちなみにこの道はGoogleには出ていない道なんです。





そして~。



お地蔵さんのところにでるのです。
ここを左へ(東へ)曲がると・・・


『布田道』(是非クリックして拡大して見てください!)
布田道

看板

この凹型の切通しが圧巻でした!この付近には、こういう凹型の道がたくさん残っています。

「切通し」っていう言葉を知ったのも、
こんな凹型の道を見たのも、初めてでした。

こういう凹型の道って、鎌倉にはたくさん残っているみたい。
鎌倉時代のものだそうです。

鎌倉幕府が作らせたんでしょうか・・・
わざわざ凹型の道を鎌倉から遥か多摩まで掘るの大変だったはず。
おそるべし幕府の力。
(ピラミッドも大変だったでしょうが、道を作るのも大変だったと思います)


しかも新撰組の近藤勇がここを通って道場へ稽古に行ったんだって~。







こういう道が、交通量の多い車道からちょっとだけ入ったところにあるという驚き。

多摩ニュータウンのジモティーであるつよP選手やすがわ~ら選手も
きっと知らないんじゃないかなぁ、こんな場所があるってことを。


ま、そんなわけで、ちょっとでも時間が空くと、
古道を実際に走ったり、歩いたりしてみたくなる今日この頃。


道を歩いているとこ~んな癒しの風景が突然眼前に現われたりするんです。
これはもう古道散策、やめられませんな~!
風情のある風景
田んぼだった場所



おっと、巨神兵だー!!!!
巨神兵

てゆうか、自分の影でした。










そうそう、鎌倉街道(18号)っていう道路がありますが、
今みんなが車で走っている鎌倉街道は、
鎌倉時代当時の鎌倉街道ではないらしく、
尾根を走る凹型の道だったようで、正確な場所については邪馬台国と同じく、
諸説ある模様~、これぞ歴史のロマン。




さて次回は~。

すがわ~ら選手を道連れにしようとしていたけど一人で抜け駆けしてしまった
小野路城跡&小町井戸散策の模様をお届けいたします。(イタシマス!)

スポンサーサイト
なべーにょ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小野路城跡と、小町井戸に行きたくなって。 | WINDY BLUE | 疲れた時>>
コメント





トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | WINDY BLUE |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。