フットサルクラブINTRO.メンバーによる交換日記式ブログ。
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
秘密の秘密
2009-05-17 Sun
じゃすてぃです。


今日の東京は、嵐のような風が吹き荒れております。

ありえない天気・・・これぞ春の珍事でしょうか。





そういえば、某アルバム。


WE ALLWE ALL
(2009/05/06)
徳永英明

商品詳細を見る




こちらが、な、なんと。

オリコン1位を取ってしまったようです。

これもまた、春の珍事と言っておきましょうか・・・。

ジャケットは秋か冬のようですが・・・。






さて。このFCIブログ。

チーム内の人のみならず、意外や意外、いガイキング
 
テレビアニメーション ガイキング オリジナル・サウンドトラックテレビアニメーション ガイキング オリジナル・サウンドトラック
(2006/02/22)
TVサントラサイキックラバー

商品詳細を見る
※エンディング曲
『ボクニデキルコト』
(徳永英明)未収録

意外にも、多くの方がご覧くださっているようで、

地味なスピードながら、ようやく3000アクセスを突破したようです。



まあ、しょこたんブログをライバルとしているわけでもないですし、

数字なんてどうでもいいんです。





数字なんて・・・・・。





某コラムはそのうち書きたいと思ってはおりますので、

Iマニアの皆様、いましばらくお待ちくださいませ。







実は、今日、筋肉痛です。


昨日の練習試合によるものです。

翌日に筋肉痛が出るってことは、まだまだいけますかね?




今回の更新は、かなりのフットサルネタです。

ごめん遊ばせ。





今日がしゅんの誕生日で、昨日はその前夜祭?

“やつももう26になった”(『Navigation』風)



ちょうど去年も、しゅんの誕生日に練習試合が組まれていたのです。



この一年間で、もちろんしゅん選手も公私ともに大きく成長していますが、

一年前のFCIと今のFCIを比べてみると、

これまた確かな成長と言うか、進歩があると感じます。

(もちろん、対戦相手の違いもあり、一概に比較は難しいのですが)



チーム発足当初のフットサルレベルを思えば、

あの頃の未来に僕らは立ってるんだな~っと某ツアーの某曲の歌詞が浮かび、

ちょっとした到達感、達成感も感じてしまいます。



昨日の試合でも、FCI史ベスト100ゴールに割り込むような

うつくしいゴールがたくさん生まれました。





とくに、普段の練習でしゅんと二人で話しているコンビネーションやら理想のカタチは

昨日の試合でも、いくつかの場面で実現することができました。






そして、最近は欠かしていないpannaという練習メニュー。


久々にフットサルをやったレック選手が「足がつりそう・・・」と途中棄権したメニューですが

これがまた、効果を発揮していると思いました。




攻めと守りに分かれての一対一です。

一分間で何点取れるか、ということを競うのですが、

特別ルールで、股抜きゴールは3点とカウントしています。



記憶によれば、俺は昨日の試合で4ゴールしたのですが、

そのうちの3本が股抜きシュート。


かつては、くぼたくと悠しかできなかった股抜きシュート。

見よう見まねと普段の練習で

股抜きのコツみたいなものは、すっかりマスターできてきた気がします。






間違いなく、普段の練習の成果は出ているんだと思います。

(ま詳しいことはタイミングを見ていずれチームの掲示板にでも書くとします。)





で、とよこが昨日の試合後の感想で

「みんなの足技がすごく良かった」といっていました。






でも、正直、普段練習している足技だのテクニックだのというものは、

おそらく10パーセントも試合では実際には使わないということにも気付きつつあります。




かつては、J選手の代名詞とも言われた(言われてない?)シザース(あるいはペダラーダ)。




・・・・今、試合で使うことは、ほぼ0です。



足技だとかテクニックだとかいうことよりも、

全体の状況判断、あるいは、目の前の敵を観察・把握する力があれば

高度なテクニックはなくとも、一定の運動量と、基本的なトラップとパスさえあれば、

試合の中でじゅうぶん機能できるというのが、フットサルの真実。

(だからこそ、基本が一番大事・・・)






秘密の秘密・・・・・  というタイトルですけれども。


。 。
JoL


でやっている練習が、いわゆる「秘密練習」。




で、ワタクシ、時間を見つけては、「秘密練習」の「秘密練習」をやっています。

いわゆる自主トレといいますか、個人練習です。



場所は、都内某所。

“秘密の秘密の場所”です。

秘密の秘密の場所



とある駐車場が開放されておりまして、

テニスの壁打ち、野球の壁あてとか、いろんなことが自由にできるのです。



ワタクシは、フットサルのボールを持参で行くわけです。



何の練習をしているか、と言いますと、

ひたすら、足技・テクニックのひとり練習です。

(リフティングはやっていません)




何年か前に、チームの選手に「一人一芸」というDVDを配布しましたが、

あのDVDに入っているテクニックや、

このブログの左にリンクを張っているサイトで見たテクニックを

ひたすらひとりで練習しています。




いつかのブログで、セール品のシューズを買った話を書きました。

F1000791.jpg

あのシューズは、屋外用といいますか、

この秘密練習の秘密練習用に購入したものでした






この秘密練習の秘密練習にて、いくつか(ほぼ)マスターした足技があります。



まず、 “エラシコ”




数年前、全盛期の(?)ロナウジーニョが見せていた技です。

「こんなのできるわけねーよ」と思っていましたが、

もちろんキレの差は雲泥ですが、意外に、マスターは可能でした。

左右両足でできるようになりました!








そして。


“ファルカンフェイント”


これは俺が一時別のチームに参加させていただいてたとき、

そのチームでミニゲーム(紅白戦)をやったときに

マークについたチームメイトの人にやられて面食らったテクニックです。

初めて目の当たりにし、あまりのキレに目が回りそうでした。



ま、俺のはまだまだそんなレベルにはありませんが、

今一番力を入れてマスターしつつあるのがこのファルカンフェイントです。




“ファルカンフェイント”という名前の由来は・・・

フットサラーで知らない人はもぐりだとも言われる、

フットサルブラジル代表のファルカン選手。


ファルカン選手が編み出した(かどうかは知りませんが、多用する)フェイントだからだそうです。









話は戻りますが、エラシコもファルカンフェイントも、

実用的だと思ったからこそマスターに励んできたんですが、

なかなか試合でやろうという機会がないのが現状。




ここ最近身につけたテクニックで一番実用的というか、実際多用しているのは、

技に名前はついていないんですが

(ていうかフットサルでは基本テクなのかもしれませんが)

足裏で軽く引いてアウトサイドでちょこんと蹴る浮きだまパス。


これは練習の成果もあり、試合でもだいたい思い通りに蹴れるようになりました。






目指せセルジオ越後

「テクニックでは誰にも負けないぜっ!」とのたまふファンタジスタ悠を超えよう!!





アジアの壁と言われた井原だって

KINGと呼ばれる三浦KAZUだって

年齢的な衰えに苦悶した三十代。




アラサープレーヤーとして、テクニックは磨いていきたいものです。

たとえ、試合で使う機会が少ないとしても。




テクニックも練習していないと、さび付きます。




“ヒールリフト”。


キャプテン翼に憧れてサッカー部に入った小学校時代。

俺は、このヒールリフト(当時は“ツバメ返し”と呼んでいた)が得意でした。




最近、久々にやってみると、

小学校時代のように、うまくボールを運べないのです。

悲しい限り。



慌てて、また最近、練習を再開してみましたが、

うまくボールがあがらなかったり、

ましてやどこに落とすのかのコントロールの調整も定まらなくなってしまいました。




今年に入っての、とあるミニゲームにて。


ワタクシ、練習再開の成果でしょうか、

FCIのファンタジスタと呼ばれる某悠選手を

このヒールリフトで美しく抜き去って、ゴールを決めました。



キーパーなしのミニゲームではありましたが、美しいゴールでした

なんともいえない快感が残りました。




ヒールリフトができるのは、FCIでは、俺だけだと思っていました







・・・ところが。




おなじミニゲームにて数分後。

守備でマークについた相手が、某ファンタジスタ選手。



これまでイントロナチオの要として守備には定評のあったはずのワタクシを

にやりとあざ笑いながら、ワタクシを抜き去ったのです。




・・・・・・・・・・おなじく、ヒールリフトで



いともかんたんにヒールリフトをやってみせられました。

やり返されちゃいました





その時の気持ちをあえて文字にするなら

今や死語かもしれませんが(アラサーなんで)

「がび~ん」てかんじ。



ほんと、がび~ん、でした。

がび~ん、以外に適切な表現は見当たらないくらい、がび~んでした。




で、もしやと思い、俺が練習に着手したばかりのテクについて聞いてみました。

某ファンタジスタに「“ラボーナ”できる?あれってどうやるの?」と。










おそるべし、ファンタジスタ。


いとも簡単に、ラボーナを目の前で実践してくださいました。

丁寧に、ご指導くださいました・・・・。




あのやろー、なんでもできるじゃん!!!(試合で使ってみせないだけで)




目指せセルジオ越後も、目指せファンタジスタ越えも、

まだまだ長い道のりだな・・・・と実感。




でも、ほら、目指さないことには、叶いませんから


秘密練習に、秘密練習の秘密練習、コツコツやっていきますよ







それは果てしなく長い旅だろう・・・・・・



スポンサーサイト
未分類 | トラックバック:0 |
トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | WINDY BLUE |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。